母親にこの言葉を言われるのが一番嫌です。

両親がだいぶ年をとってきましたので、元気で過ごしているのかを確認するため、週に何回か実家に電話をしています。何気ない天気の話から始まって、最近身のまわりで起きた出来事や、スーパーの売り子のこと、家族のこと、テレビ番組の内容などについて何気ない会話をしています。それについては特に問題はないのですが、時々母が私に言うフレーズの中で、「どうせ暇なんだから」という言葉が一番嫌いです。確かに、私は今定職をもたず、アルバイトで時々働いているだけで、子どもたちはあまり手がかからなくなり、母親としての役割は以前より少なくなっています。それでも日々できることを探し、毎日を丁寧に生きているつもりです。それなのに「暇」だという言われ方をすると、自分が一日中何もせず、ぼんやり過ごしている人のように思われているようで、とても腹が立ちます。結婚して子供を授かり、一生懸命子育てをしてここまで来て、ようやく落ち着いてきたところです。仕事をしている同じ年の女性はもっとバリバリ働いていたり、子育てしながら働いている人がいることも分かっていますが、それをすることに抵抗があるので、自分のできる範囲で在宅での仕事をしているのだということを理解してほしいと思うのです。一番理解してほしい母親に、暇だと言われるのが一番嫌いですし、せっかく楽しく会話をしているのにこの一言を言われると、悲しくなって、その先の会話が続きません。暇じゃないと言い返したいところですが、そうやって自分の立場をいちいち説明するのも嫌なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です